2021.04.22

兵庫県 明石市公立高校 入試情報

公立高校受験に強いワケ!?

公立高校受験に強いワケ!?

今回は中谷塾がなぜ明石市内の公立高校受験にめちゃくちゃ強いのか!?

 

もちろん中谷塾は創塾以来35年以上、明石市内の子どもたちに寄り添って歩んできました。

そのため、市内の子どもたちの学習状況についてどこよりも詳しく把握していると自負しております!

また、兵庫県公立高校入試は半分が内申点で決まるため、

内申アップのための『超効率勉強法ふせん』など、

徹底した内申点対策も行っています。

内申点について詳しくはこちら『超効率勉強法ふせん』はこちら

しかし、それ以上に、

中谷塾の塾生は入試当日の得点力も際立っています!

 ↓ 入試当日の得点力アップについて、まとめていきます!

 

この記事の目次

1.圧倒的過去問演習量!?

2.超速合否判定データ返却!?

3.驚異の全科目解説授業!?

4.仲間・ライバルと一緒だからこそできる徹底再テスト!

 

 

1.圧倒的過去問演習量!?

受験生のみんな!

過去問やってる?

中谷塾では12月後半から3月の受験直前まで、毎週土曜日に中3生全員で過去問・予想問題演習を行います!

正直言って最初はなかなか点数は取れません。

また、一科目50分を五科目行うのは、大変です。

でも、中3全員で行うからこそ、続けていけます!

その回数、約12回!

中谷塾生は、過去問の経験値が違う!!

2.超速合否判定データ返却!?

毎週土曜日の過去問・予想問題演習結果はその日のうちに!

いや、もっと言うなれば試験終了後30分で、採点済み解答用紙、判定データを返却しています!

鉄は熱い内に打て!!

さっきの問題ここができた!

ここはわからんかったな~と言う感覚がある内にすぐ返却することで、

復習のタイミングを逃さず、モチベーションを保つことができます!

35年のデータと経験による塾独自の合格点を算出、毎回すぐに合否の目安がわかります!

● 自分の点数がどう変化しているか、はっきりとわかるため次の過去問演習までにやるべきことをはっきりと意識して取り組めます!

● 各科目+10点は当たり前!平均で各科目+20点ほど取れるようになります!(12月に行う最初の過去問と最後に行う過去問・予想問題を比較)

3.驚異の全科目解説授業!?

講師陣は公立高校入試を何年も指導しています。

私たちも、自分で解いて、自分の感覚と生徒の答案を照らし合わせながら授業のポイントを考えています。

その際感じるのは、

過去問=予想問題

ではないということ。

予想問題はやはりマネて作ったものであって、本物(過去問)の輝きはありません。

どこか不自然に感じてしまう。。。

逆に、過去問は、

● 教育委員会の職員

● 高校の先生

● 中学の先生

● 大学の先生

など多くの方が吟味を重ねて作っています。

そんな労力・込められた思いが過去問にはあります!

だから、私たち中谷塾講師は、はっきり言って過去問を愛しています!

愛ゆえに何度も何度も繰り返し解いて、より良い解説を考えて…

そんな講師陣の全科目解説授業が土曜日の過去問・予想問題演習の次の授業で行われます。

生徒ががんばったら、次は先生の番!

私達の情熱をお伝えします!!

4.仲間・ライバルと一緒だからこそできる徹底再テスト!

そして全科目解説授業の後、80点以上取れるまで再テストを行います!

ここがめちゃくちゃ大事!

いくら良い授業を受けても最終それを消化して、自分でできる状況にする必要があります!

そしてそれは、生徒一人一人がヤルしかない!

でも、ここでも、仲間が助けてくれる!

一人ではなかなか続かなくても、みんなヤルならできる!

中谷塾では公立高校の受験は『団体戦』だと思っています!

なかなか自分では勉強できない人!

仲間と一緒にがんばろう!!!

成績アップ!進学のための中谷塾おすすめ情報!

  • 超効率勉強法『ふせん大作戦!』

    中谷塾秘伝!『ふせん大作戦』!
    ふせんを貼る前のワークと、貼った後のワークを比べてみます!
    中谷塾生のワークを借りてきました。同じページなのに、明らかな違い!
    努力の後がはっきりと見てとれます!内申点を上げたい中学生のみんな、とにかく今すぐふせんを貼るのだ!

    もっと詳しくみる
  • 明石の公立高校入試のポイント①
    内申点について

    明石市内の公立高校の入試の方法は、学力検査250点+内申点250点+第一志望校加算点25点やっぱり大きいのは、250点の内申点!入試当日にすでに半分の点数がついてしまっていることになります。それでは内申点について詳しくご紹介します!

    もっと詳しくみる
  • 英語学習の一番効率的なやり方」は、
    ずばり音読!

    大学入試はもちろん、高校入試でも英語の長文が出題されます。また、近年どんどん出題される英文が長くなっています。長文読解が得意になる一番手っ取り早い方法は、ずばり『音読』!その実践方法とは…?

    もっと詳しくみる