2020.06.19

英文法をはじめから

英語で大事なことはどこに書く!?前?後? It ~ for ~ toV~など

英語で大事なことはどこに書く!?前?後? It ~ for ~ toV~など

今回は、めちゃくちゃ大事!!

英語で大事な情報がどこに書くかについての記事です。

これを意識することで、

英語の語順がわかるだけでなく、英語長文ももっと読みやすくなります!!

この記事の目次

1.英語では、大事なことは前に書く?後ろに書く?
2.例題① It ~ for ~ to V~ (形式主語、真主語)
3.例題② there is ~
4.例題③ give 人 もの ⇒ give もの to 人

 

1.英語では、大事なことは前に書く?後ろに書く?

 

英文の流れには、2つの情報があります。

◯ 新情報・・・英文の中で始めて出てくる情報。大事な情報です!

◯ 旧情報・・・すでに出てきている情報。

基本的に英語の文は、

旧情報⇒新情報の流れで出てきています!

お互いが知っていることから話始めて、

その後新しい内容が出てくる方が会話や文がスムーズですよね!

それでは、例文で後ろに新情報・大事な情報が来る例を見ていきます!

 

2.例題① It ~ for ~ to V~ (形式主語、真主語)

(例題)It is easy for you to master English.

訳さない”it”を、形式主語

”for you to master English” の部分を、真主語と言います!

 

(例題)It’s important for me to read books every day.

 

3.例題② there is ~

(例題)There is a beautiful park in this town.

4.例題③ give 人 もの ⇒ give もの to 人

(例題1)次の文は、どういう違いがあるでしょう?

① He gave his son a car.

② He gave a car to his son.

① He gave his son a car.(⇒新情報)

旧情報:彼は息子に与えた。新情報:車を!!

大げさに言うと、次のようなニュアンスです。

受験合格祝いでお父さんがプレゼントくれたらしいで、

なんと車!!

② He gave a car to his son.

旧情報:彼は車を与えた。新情報:息子に!!

大げさに言うと、次のようなニュアンスです。

彼は高級車を与えるらしいで、

なんと息子に!!

 

(例題2)次の文は、どちらが適切でしょう?

I owe you my success.

I owe my success to you.

ヒント:owe A(人)+B(ものなど) ⇔ owe B to A

『AにBを借りている。BはAのおかげだ。』

(解説)

I owe you my success.(⇒新情報)

旧情報:キミのおかげだ、新情報:オレの成功!

大げさに言うと、次のようなニュアンスです。

結局、ほぼ『オレの成功』キミの貢献もちょっとはあったかな~。

I owe my success to you(⇒新情報)

旧情報:私が成功したのは、おかげです。新情報:あなたの!

失礼なので、

I owe you my success.

って言うのはやめましょう!

成績アップ!進学のための中谷塾おすすめ情報!

  • 超効率勉強法『ふせん大作戦!』

    中谷塾秘伝!『ふせん大作戦』!
    ふせんを貼る前のワークと、貼った後のワークを比べてみます!
    中谷塾生のワークを借りてきました。同じページなのに、明らかな違い!
    努力の後がはっきりと見てとれます!内申点を上げたい中学生のみんな、とにかく今すぐふせんを貼るのだ!

    もっと詳しくみる
  • 明石の公立高校入試のポイント①
    内申点について

    明石市内の公立高校の入試の方法は、学力検査250点+内申点250点+第一志望校加算点25点やっぱり大きいのは、250点の内申点!入試当日にすでに半分の点数がついてしまっていることになります。それでは内申点について詳しくご紹介します!

    もっと詳しくみる
  • 英語学習の一番効率的なやり方」は、
    ずばり音読!

    大学入試はもちろん、高校入試でも英語の長文が出題されます。また、近年どんどん出題される英文が長くなっています。長文読解が得意になる一番手っ取り早い方法は、ずばり『音読』!その実践方法とは…?

    もっと詳しくみる