2018.10.05

兵庫県 明石市公立高校 入試情報

明石の公立高校入試のポイント③ 公立高校のボーダーラインは?(何点取れば合格できるの?)

明石の公立高校入試のポイント③ 公立高校のボーダーラインは?(何点取れば合格できるの?)

前回まで明石公立高校入試のポイント①、②として、

内申点の計算方法内申点の上げ方について説明してきました。

それでは、明石市内の公立高校に合格するためいったい内申点が何点必要なのか!?

基準となる通知表の合計点を計算してみました。

中三の一・二学期の通知表で以下の数字を取ることが、必要です!

明石市内公立高校入試合格に必要な通知表の点数!(ボーダーライン)

※ この数字は主観的なものです。目安としてお考えください。

⚫ 明石北高校

通知表⇒ ALL4+α程度

入試本番では、平均70点~80点くらい必要です!

⚫ 明石城西高校

通知表 ⇒ ALL4前後程度

入試本番では、平均65~75点くらい必要です!

⚫ 明石高校

通知表⇒ ほとんど4、3が少し混じるくらい!

入試本番では、平均55点~65点くらい必要です!

⚫ 明石西高校

通知表 ⇒ 3と4で4の方が少し多いくらい!

入試本番では、平均50点~60点くらい必要です!

⚫ 明石南高校

通知表 ⇒ 3と4で3の方が少し多いくらい!

入試本番で平均50点前後取る必要があります!

⚫ 明石清水高校

通知表 ⇒ ALL3程度

入試本番で平均50点前後取る必要があります!

内申点が高い方が圧倒的に有利!

上の数字はあくまでも目安です。

合否は通知表から計算される内申点(詳しくはこちら)と、

入試当日の点数の合計から判定されるため

通知表の点数は足りていないが本番で逆転、またその逆の場合もあります。

でも、内申点が高い方が圧倒的に有利に入試本番を迎えることができます!

例えば、

五科目(英数国理社)の通知表が 1ちがうと、×4点で内申がつくので、

入試当日250点中の4点つまり、各科目100点満点換算では8点分となります!

副教科は、×7.5点なので、

入試当日250点中の7.5点⇒100点満点換算ではなんと15点分です!

絶対、通知表上げた方がいい!

むしろ、中3の二学期が終わった段階で入試の半分は終わってると思ってください!

明石市内中学生のみんな!通知表アップに向けてがんばろう!!

 

中谷塾では、通知表を上げるための独自の方法(〇〇大作戦!)を研究しています。

さらに詳しい情報をお求めの方は、中谷塾の無料学習相談へ!

中谷塾西明石教室 078-929-1114

中谷塾江井ケ島教室 078-946-1955

 

 

成績アップ!進学のための中谷塾おすすめ情報!

  • 超効率勉強法『ふせん大作戦!』

    中谷塾秘伝!『ふせん大作戦』!
    ふせんを貼る前のワークと、貼った後のワークを比べてみます!
    中谷塾生のワークを借りてきました。同じページなのに、明らかな違い!
    努力の後がはっきりと見てとれます!内申点を上げたい中学生のみんな、とにかく今すぐふせんを貼るのだ!

    もっと詳しくみる
  • 明石の公立高校入試のポイント①
    内申点について

    明石市内の公立高校の入試の方法は、学力検査250点+内申点250点+第一志望校加算点25点やっぱり大きいのは、250点の内申点!入試当日にすでに半分の点数がついてしまっていることになります。それでは内申点について詳しくご紹介します!

    もっと詳しくみる
  • 英語学習の一番効率的なやり方」は、
    ずばり音読!

    大学入試はもちろん、高校入試でも英語の長文が出題されます。また、近年どんどん出題される英文が長くなっています。長文読解が得意になる一番手っ取り早い方法は、ずばり『音読』!その実践方法とは…?

    もっと詳しくみる