『Me, too.』と『So do I.』の違いって!?

私も』と言いたいとき、

Me, too.』ではなく、

So do I.』ということもできます。

その違いは、

Me, too.』⇒家族、友達などのカジュアルな関係で使う。

So do I.』⇒少しフォーマルな状況で使います。

だから、『So do I.』を使うとよりスマートに見えるのです♪

 

でも、語順に少しコツがあり!

それは、前回の記事でお伝えした 、↓

新情報はどこに書くか、

前回の記事を見ていない人はこちらをどうぞ♪

◯ 英語では新情報は後ろに書く!

◯ 新情報・・・英文の中で始めて出てくる情報。大事な情報です!

今回も、旧情報⇒新情報の流れで語順が変わるパターンをみていきます!

 

 

この記事の目次

1.基本例題So V(動詞)+ S(主語). 『Sも!』

2.練習問題、『私も♪』って答えてみよう!

3.応用問題、考えてみよう!

4.難関大学の問題に挑戦!

 

 

1.基本例題 So V(動詞)+ S(主語). 『Sも!』

 

Aくん:I like baseball.

Bさん:So do I. 

クラスで気になるイケメンAくんと、

話している女の子Bさんになったつもりで

考えてください!

イケメンAくんが言ってきます!

会話を合わせたいので、『私も♪』と答えます!

この場合、

So,do = like baseball (旧情報)

アピールしたい新情報は、

I⇒私も♪

のところです!

だから後ろにおきます.

doは疑問文に答えるときの『Yes, I do.」

と同じ用法。(代動詞といいます。)

 

 

2.練習問題、『私も♪』って答えてみよう!

まずはさっきと同じパターン!

英語が好きじゃなくても、『私も♪』と答えます!

 

 

 

Aくんが、『went』過去形を使っているので、

返す言葉も『do』の代わりに『did』を使います

 

 

 

Aくんが、『am』be動詞を使っているので、

返す言葉も『do』の代わりに『am』を使います

 

 

 

Aくんが、『can』を使っているので、

返す言葉も『do』の代わりに『can』を使います

 

 

 

否定文の時は、『So V+S.』でなく

Nor V+S. Sも~ない』になります!

 

 

 

3.応用問題、考えてみよう!

So I must.は、訳も変わってきます!

でももっとお話していたい!

(こんなニュアンスは含まれていません。)

 

4.難関大学の問題に挑戦!

 次の文を和訳してみよう。(慶應義塾大学 改)

Jazz has a steady unbroken rhythms, but so do marches.

(解答) 

 

but以下の元の文は、

but marches has a steady unbroken rhythms.

『しかし、行進曲もまた一定のとぎれないリズムを持っている。(しかし行進曲もそうだ)』

 

旧情報⇒新情報の語順は、

大学受験生でも意識できていない人が多い!

はっきりと意識することで、

文法ももっと理解できるし、

長文も読めるようになるよ!

 

西明石本部教室 公式LINE 再登録のお願い

中谷塾西明石教室へ通っている塾生のみなさん、その保護者さまへ

西明石教室の公式LINEに、6/19(金)より不具合があり、

再登録することとなりました。

お手数をおかけしますが、再度LINEの『友達登録』をお願いいたします。

 

下のボタンをクリックすれば、登録できます!

友だち追加

また、6/19(金)以降にいただいたLINEのメッセージは、

確認できていません。

重要な内容の場合は、友達登録をしていただいた後、

もう一度送信をお願いいたします。

お手数をおかけして申し訳ありません。

 

 

英語で大事なことはどこに書く!?前?後? It ~ for ~ toV~など

今回は、めちゃくちゃ大事!!

英語で大事な情報がどこに書くかについての記事です。

これを意識することで、

英語の語順がわかるだけでなく、英語長文ももっと読みやすくなります!!

この記事の目次

1.英語では、大事なことは前に書く?後ろに書く?
2.例題① It ~ for ~ to V~ (形式主語、真主語)
3.例題② there is ~
4.例題③ give 人 もの ⇒ give もの to 人

 

1.英語では、大事なことは前に書く?後ろに書く?

 

英文の流れには、2つの情報があります。

◯ 新情報・・・英文の中で始めて出てくる情報。大事な情報です!

◯ 旧情報・・・すでに出てきている情報。

基本的に英語の文は、

旧情報⇒新情報の流れで出てきています!

お互いが知っていることから話始めて、

その後新しい内容が出てくる方が会話や文がスムーズですよね!

それでは、例文で後ろに新情報・大事な情報が来る例を見ていきます!

 

2.例題① It ~ for ~ to V~ (形式主語、真主語)

(例題)It is easy for you to master English.

訳さない”it”を、形式主語

”for you to master English” の部分を、真主語と言います!

 

(例題)It’s important for me to read books every day.

 

3.例題② there is ~

(例題)There is a beautiful park in this town.

4.例題③ give 人 もの ⇒ give もの to 人

(例題1)次の文は、どういう違いがあるでしょう?

① He gave his son a car.

② He gave a car to his son.

① He gave his son a car.(⇒新情報)

旧情報:彼は息子に与えた。新情報:車を!!

大げさに言うと、次のようなニュアンスです。

受験合格祝いでお父さんがプレゼントくれたらしいで、

なんと車!!

② He gave a car to his son.

旧情報:彼は車を与えた。新情報:息子に!!

大げさに言うと、次のようなニュアンスです。

彼は高級車を与えるらしいで、

なんと息子に!!

 

(例題2)次の文は、どちらが適切でしょう?

I owe you my success.

I owe my success to you.

ヒント:owe A(人)+B(ものなど) ⇔ owe B to A

『AにBを借りている。BはAのおかげだ。』

(解説)

I owe you my success.(⇒新情報)

旧情報:キミのおかげだ、新情報:オレの成功!

大げさに言うと、次のようなニュアンスです。

結局、ほぼ『オレの成功』キミの貢献もちょっとはあったかな~。

I owe my success to you(⇒新情報)

旧情報:私が成功したのは、おかげです。新情報:あなたの!

失礼なので、

I owe you my success.

って言うのはやめましょう!