2019.05.10

超効率勉強法!

英語学習の一番効率的なやり方」は、ずばり音読!

英語学習の一番効率的なやり方」は、ずばり音読!

大学入試はもちろん、高校入試でも英語の長文が出題されます。

また、近年どんどん出題される英文が長くなっています。

⚫ 長文読解が苦手!

⚫ 長文を読むスピードが遅い!

⚫ 単語や文法問題はできるのに、読解問題ができない!

⚫ そもそも英語が苦手!

上のどれかに当てはまる人

はっきり言ってあなたの英語長文勉強方法は、間違っています!

長文読解が得意になる一番手っ取り早い方法は、

ずばり『音読』!
それも今までの音読をアップグレードした『英文音読!with ELST@』です!

ELST@はスマホ・タブレットで利用できるアプリです!『App Store』『Google Play』からインストールできますが、使用には塾で発行するIDとパスワードが必要です。

それではまず、

音読を行うとどういう効果があるのかからまとめていきます!

この記事の目次

1. 音読はメリットだらけ!

2. でも、今まで音読やったことあるけど…

3. 正しい音読のやり方!

4.ELST@を使えば音読をする習慣が身につきます!

 

1. 音読はメリットだらけ!

音読を行うことでどんなメリットがあるのか?

超速で復習ができる!

中3の教科書長文を読む時間は1lessonの1unitなら、1分くらいです。

ワークなどを同じ範囲すると30分くらいかかるかも?

勉強効率は30倍!!

長文の読むスピードが速くなります!

英語長文問題が速く読めるようになりたい人!

通常は音読するより速いスピードで黙読できることはありません。

あなたの音読できるスピードがそのまま、英文を読むスピードなのです。

音読がたどたどしい人は、黙読も時間がかかるし、

音読がスムーズで速い人は、黙読もスピーディーに読むことができます!

 

⚫ 英語を英語のまま理解できるようになります!

単語を一つずつ訳して、それをつなげようとすると時間がかかります。

音読することで、英単語をチャンク化し、より速く理解できるようになります。

最後には英語のままイメージできるようになります!

 

返り読みをしないから、速くなる!

英語長文で時間がかかる理由の一つが返り読みです。

英語長文が苦手な人は、読んでいるうちにわからなくなってまた前のところに戻って読む、

だから時間がかかってしまいます!

音読する時に返り読みする!?

しないですよネ!

前から順番に読んで理解する習慣が自然と身につきます!

 

英語の語彙力がUPします!

小学生の教科書で、今でもめっちゃ覚えているフレーズとかないですか?

英語も音読をすることで、今まで以上に深く記憶に定着します!

 

⚫ もちろんspeakingが上手くなります!

発表も自身を持ってできるようになり、海外旅行でも使えるかも!?

 

2.でも、今まで音読やったことあるけど…

フリーイラスト, CC0 イラスト, ベクター, EPS, 人物(イラスト), 子供(イラスト), 女の子, 勉強(学習), 分からない, 困る

生徒A『音読やったら、学校でもやったことあるし。
家でやろうとすんねんけどさ、なかなかめんどくさくてでけへんねんて~』

 

確かにそうですね!
音読はみんな一度は行ったことがある勉強法です。
でも、効果を感じていないとしたら、
やり方が間違っているか、十分な回数繰り返していないかのどちらかです。

 

つまり『今までの音読』の問題点は、下の3つ

⚫ 漠然と読むだけで、効果的な音読を行っていない

⚫ 効果を体感できるほど、反復練習ができていない

リスニングCDを使うのが、メンドウでやらなくなる。

 

3.正しい音読のやり方!

⚫ どんな英文を読めばいいのか?

単語も意味もわからない英文を音読してもあまり意味がありません。

単語も文の意味もわかる。

文法・構文などのポイントも把握できている文を復習として音読するのが一番効果があります。

その意味では、ベストの教材は『学校の教科書』です!

教科書の中の授業で学習済みの部分を音読するのが一番身につきます!

 

音読は準備が大切!

効果的な音読を行うために、

声に出して読む前に、

教科書の学習済みの部分をもう一度理解できているか確認をしましょう!

『わからない単語はないか?』『文法のポイントは理解できているか?』『本文の意味はわかっているか?』チェックしながら黙読します。

 

ELST@でネイティブスピーカーの発音を真似しながら、音読してみる!

(ELST@についてはこちらを参照。)

① まずは本文を見ながら、ELSTでネイティブスピーカの音声を聞きます。

3~5回程度。区切ってもOKです!

ELST@で一文ずつ区切りながら、音声を聞いて音読!(リピーティング)

③ 一文を通して読んで、ELSTで採点!

④ 苦手なところをリピーティングして練習⇒③に戻る!

⑤ できれば、音声を聞きながらすぐその後続けて影(シャドー)のように音読をします。(シャドーイング)

※ シャドーイングが難しい場合は、①~④までで、80点~90点を目指して取り組みましょう!

※ 最低でも20回くらい、100回、200回と同じ文を読んでも意識的に読めていたら効果あり!逆に2、3回ではあまり効果はありません。

 

 

4.ELST@を使えば、毎日音読をする習慣が身につきます!

ELST@はスマホ・タブレットで利用できるアプリです!『App Store』『Google Play』からインストールできますが、使用には塾で発行するIDとパスワードが必要です。

教科書のリスニングCDがいいのはわかっているけど、なかなかメンドウで聴くことができなかった人も、スマホでならできます!

⚫ 学校の教科書のリスニング音声英文本文全文和訳文法、全て収録されています!

教科書ガイド ¥2,160

教科書ガイドリスニングCD ¥3,672

を買う必要はありません!

スピーキングをAIが採点してくれます!

目標点まで、繰り返し練習できます!

家庭学習でどれくらいできているか、塾で先生が確認します

もっと時間をかけた方がいいとか、そろそろ前のlessonを復習した方がいいとか、

先生が丁寧に指示をします!

ELST@について詳しくはこちら

 

ELST@を使って、音読やりまくろう!

超効率勉強法『英文音読 with ELST@』を実践したい人は、中谷塾へ♪

成績アップ!進学のための中谷塾おすすめ情報!

  • 超効率勉強法『ふせん大作戦!』

    中谷塾秘伝!『ふせん大作戦』!
    ふせんを貼る前のワークと、貼った後のワークを比べてみます!
    中谷塾生のワークを借りてきました。同じページなのに、明らかな違い!
    努力の後がはっきりと見てとれます!内申点を上げたい中学生のみんな、とにかく今すぐふせんを貼るのだ!

    もっと詳しくみる
  • 明石の公立高校入試のポイント①
    内申点について

    明石市内の公立高校の入試の方法は、学力検査250点+内申点250点+第一志望校加算点25点やっぱり大きいのは、250点の内申点!入試当日にすでに半分の点数がついてしまっていることになります。それでは内申点について詳しくご紹介します!

    もっと詳しくみる
  • 英語学習の一番効率的なやり方」は、
    ずばり音読!

    大学入試はもちろん、高校入試でも英語の長文が出題されます。また、近年どんどん出題される英文が長くなっています。長文読解が得意になる一番手っ取り早い方法は、ずばり『音読』!その実践方法とは…?

    もっと詳しくみる